スーパームーンと皆既月食パワー入り満月ムーンウォーターの作り方【スピリチュアル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月31日の獅子座の満月です。

しかも皆既月食で満月が赤銅色になります。

この日の満月には
『自分自身の楽しいことをやってトップを取る』という願いを込めるといいようです。

 

更に宇宙のパエネルギーにより、身の回りの要らないモノが勝手に断捨離されていく日でもあります。

ちなみにもう過ぎてしまいましたが、1月2日はスーパームーンでした。

 

※スーパームーンというのは月が地球に接近するタイミングと満月のタイミングが上手く重なることによって、月がデカく見える現象の事です。

 

その時の月のパワー(エネルギー)はかなり強烈です。

さて、そういう月のパワーが満ちている時に『水』にそのパワーを入れることが可能です。

月のパワーを注入した水をムーンウォーターと言います。

今回はそのムーンウォーターの作り方を紹介しようと思います。

月には色んな力があると言われています。

月の引力は生命の源である海の満ち潮などをつかさどっています。

カニなどは満月の時に産卵するとも言われています。

外国では月の影の形がカニの形に似ているという国もあります。

蟹座との関係もあるのでしょうか?不思議ですね~。

 

あと男がオオカミになったりもします。

犯罪が増える日でもあるので、きっとオオカミというのはそういう意味なのでしょう。

 

月の引力がおかしくなると一瞬で地球の生命も滅亡してしまうというほど月には強力なエネルギーがあります。

実はそんな強力な月のエネルギーを水に注入することができます。

 

月のエネルギーを注入した水を『ムーンウォーター』といいます。

 

そのムーンウォーターを飲むことによって、波動を整えたり、人のエネルギーをも整えることができます。

 

ムーンウォーターはどうやって作るの?

 

※簡単です

 

満月の日の前後24時間のうち1日くらい水を外に出しておけばOKです。

 

※例えば1月31日が満月だったら

30日~31日~1日

この間に1日だけ水に満月の空気を吸わせてあげればいいだけです。

ペットボトルだったらなるべく蓋を開けておいた方がいいですが、衛生的に気になるようでしたら開けなくても大丈夫です。

外も嫌だ!

という人は窓際でも大丈夫です。

ちょっと窓を開けておいてあげると満月のエネルギーが満ちている空気が入ってくるのでおすすめです。

 

曇りで満月が見えない日は?

曇っていても満月は満月なので、ちゃんと地球にエネルギーは届いているので特に問題はありません。

興味がある人はやってみてください。

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*