やばいの語源は江戸時代 日本に広まったきっかけは石原裕次郎?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヤバい!』ってよく使いますよね?

 

どちらかというと若者が使うスラング的な「若者言葉」だと思われている『ヤバい』

 
ヤバいはいつから使われていたのでしょうか?

なんだよヤバいって!?

って言う大人もよく見かけますが、実はヤバいという言葉は今の大人が生まれるずっと前から存在していた言葉だって知ってました?

 

実はヤバいの語源は江戸時代まで遡るとても古い言葉だったんです。

 

なので時代劇とかに出てきても不思議ではない言葉の一つです。

 

今回はその『ヤバい』の語源について、いくつかの説があるので紹介したいと思います。

 

そして『ヤバい』を日本に広く広めたというウワサの人物があの人気俳優の石原裕次郎だった!

という説もありますのでそちらも紹介させていただきます。

 

こちらの動画をご覧ください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*