Youtubeでバッドが増えてきた時の対処法はコレ!グッドに変わる可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Youtubeで動画をアップしていると、悪気があってアップした動画じゃないのに視聴者からのバッド評価が増えていくこと、たまにありますよね?

 

そんなときの対処法を紹介します。

 

もしかしたら一気にグッドが増える可能性もあります。

そうするとYoutubeからの評価も上がっていくので試してみてください。

 

 

まず日本人の悪い癖なんですが、評価をする時に自分の考えではなくて周りの評価に流されて動画を視聴する傾向があります。

 

どういうことかというと、

グッドがいっぱいついている動画の場合、視聴者は『この動画は良い動画なんだ』と思いながら動画を視聴する人が多いです。

 

逆にバッドが多くついている動画だと『この動画はつまらない動画だ』と思い込んでしまう事があるのです。

 

これは行列ができていて、なぜか意味もなくその後ろに並んでしまう日本人特有の感性でもあります。

 

そちらのほうが安心できるのでしょう。

 

もし動画にグッドがいっぱいついている場合はそのままでもいいですが、グッドが増えてきた場合には、なるべくグッドを減らす方法を考えたいものです。

 

動画が本当に悪い動画の場合はどうしようもありませんが。。。

 

悲しい動画や辛い内容の場合、アップ主はその事柄の事実を伝えたかっただけなのに、視聴側は動画内で起こっている事象について評価することもあるから怖いです。

 

例えば、

津波や地震の現場をみんなに伝えたいという思いでアップした動画なのに、視聴者は悲惨さだけをとらえてバッドをつける。

 

これはアップ主と視聴者の視点の違いから生まれるモノです。

 

まずはその相違を消すためには動画の最初に自分の思いを入れておくのも重要でしょう。

 

しかしそれができなくてバッドがいっぱいついてしまった時にはどうしたらいいのか?

 

 

そんな時は、

 

◆評価の表示を視聴者から見えなくする

『クリエーターツール』→評価を非表示にしたい動画の『編集』をクリック

 

『詳細設定』→『この動画の評価をユーザーに表示する』のチェックを外す

そして変更を保存

 

☞実は上の例で挙げた動画なんですが、

グッド × 205
バッド × 92

 

のまぁまぁいいスコアの動画に思えますよね?

 

実は最初はバッドのほうが多かったんです。

 

しかし評価を隠した途端一気にグッドが伸び始めました。

 

それだけ視聴者が他の人の評価に流されて動画を視聴して評価をしていたという事がわかります。

 

表示を消すだけでこれだけ差が出る可能性があるという事を覚えておいてください。

 

あとコメントをくれた人にはちゃんと丁寧にコメントを返すと反応が良くなります。

 

是非やってみてください。

 

あと軽い裏ワザになるんですが、動画をあげた時に自分の他のチャンネルからグッドを押しておくと、上記で説明した効果が表れてグッドが増えることもあります。

 

あくまで個人的な統計ですので、絶対という事はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*