新幹線が満席なのに指定席が取れることもある裏ワザテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークやお盆、年末などの帰省ラッシュなどで新幹線を使う人は物凄く多いです。

 

帰省ラッシュじゃなくても仕事で使う人もいますね。

 

しかし混んでいると指定席が取れないことも!

 

そんな時あなたはどうしますか?

 

自由席が空いていれば自由席でもいいですよね。

 

しかしラッシュ時や、観光客、レジャー客が多いときなんか乗車率200%とかもあります。

 

特に私は雪国のほうなのでスノボーを持った人たちでごった返している事があります。

 

都心の満員電車となんら変わらないなんてことも。

 

そんな時は指定席でゆっくり座れたら嬉しいですよね!

 

しかし券を買う時に指定席が埋まっていると言われてしまった!

 

・あなたはそこで諦めますか?

・息苦しい自由席で我慢しますか?

・できればちゃんとした指定席をとりたいですよね?

 

 

そんなあなたに素敵な裏ワザテクニックを紹介します。

 

 

☞指定席が満席と言われても指定席が取れる可能性がある裏ワザ

 

新幹線の指定席をとろうとしていたあなた。

 

しかし満席だと言われてしまった。

 

そんな時、この一言で、もしかしたら指定席を取ることができるかもしれません!

 

それは。。。

 

『途中の駅で席を移動しても構わないので指定席をとれませんか?』

 

窓口の方にこう伝えてみてください。

 

これで運がよかったらあなたは指定席に座れるかもしれません。

 

 

☞この裏ワザはどういう理屈なのか?

 

簡単な例を説明します。

 

東海道新幹線で東京から新大阪まで行くとします。

 

その場合に券を買おうとした時に、東京から新大阪までの完全な指定席は空いていません。

 

しかし途中の停車する駅で席を移動するという条件で空いている指定席に座ることができるという裏ワザです

 

東京から新大阪までは空いていないけど、東京から名古屋間までは空いている指定席があったとします。

 

まずはそこを確保してもらいます。

 

次に名古屋で降りる人もいるので、新大阪まではそこの席に座らせてもらうという指定席の取り方です。

 

気になる値段ですが。。。

 

券は二枚になりますが、値段は変わりません。

 

しかし指定席になるので、その新幹線からは降りないでくださいねw

 

この裏ワザを使えば遠くに行く時もずっと座って移動できる可能性が格段にあがるのでぜひ使ってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*