車の時計などがリセットされずにバッテリーを交換する裏ワザテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車でもバイクでもバッテリーを交換する時に困るのが。。。

 

時計や電子系のメーターのリセットです。

 

それを設定し直すがなかなか面倒くさいんですよね。

 

そこで電装系がリセットされずにバッテリーを交換する裏ワザテクニックを紹介します。

 

☞時計などがリセットされないバッテリーの交換方法

 

注意
基本的には危険度もあるので推奨されない方法です。 なのでプロの整備士などにやってもらうことをお勧めします。

 

1、まずは普通にエンジンをかけます

 

2、エンジンをかけたまま古いバッテリーを取り外します

 

※その時に注意してほしいのが、外した端子を金属部分に接触させないこと!

なぜならエンジンがかかっているために端子が車の金属に触れるとショートして危険です。
なのでしっかりと金属に触れないように固定できるものを用意して始めてください。

 

3、新しいバッテリーを取り付けます

 

端子の外す順序とつける順序です。

『-端子』→『+端子』→『+端子』→『-端子』の順序です。

外すときもつける時も端子は絶対に車の金属部分に当てないようにしましょう。

 


バッテリーを外してもエンジンは掛かっているので時計などの電気系統がリセットされずに済みます。

時計はそこまで設定が面倒くさくないのでいいですが、他に設定が面倒くさいモノがあるときにはオススメです。

 

 

こんなに簡単な作業でリセットをしなくて済みますが、素人には危険な作業になる場合もあるので、プロの整備士がいるところで作業して下さいね。

 

ちなみにこの方法で交換すると、オルタネーターが壊れているかもチェックできるのでもしオルタネーターが気になる方はこの方法でやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*