【麻雀】哲也の玄人技動画 すり替え・左手芸・積み込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻雀好きなら一度はこの名前を聞いたことがあるのではないだろうか?

 

『阿佐田 哲也』

 

大人気小説『麻雀放浪記』の著者で本名は色川武大。

 

ちなみに阿佐田哲也はペンネームである。

 

なぜ阿佐田哲也になったかと言うと、毎日徹マン(徹夜マージャン)をしていて『朝だ!徹夜だ!』と言っていたことからそうなったらしい。

 

そして阿佐田哲也はいきなり睡眠状態に入ってしまう病気『ナルコレプシー』だったようで、麻雀をしながら寝てしまう事が多かったようだ。

 

いきなり意識がなくなるので卓に倒れ込んでしまうこともしばしば。

 

そして意識が戻り、みんなで牌を戻したら哲也があがってしまうということもあったようだ。

 

そんな哲也をモデルとして描かれたマンガ&アニメが『哲也-雀聖と呼ばれた男』である。

 

劇中ではプロの麻雀士のことを玄人(バイニン)と呼んでいて、色んなイカサマ技が飛び交っている。

 

中でも哲也が得意としたのは師匠の房州さんから教えてもらったスリカエや左手芸、積み込みなどがある。

 

房州さんは積み込みこそ芸術だと言っている。

 

詰み込みにもいろんな種類があるが、自分の積んだ山を引いていくと同じ色で役が出来上がる『一色元禄』や大三元の役が完成する『三元牌元禄』などさまざまなモノがある。

 

これは洗牌(シーパイ)する時に重要な杯を手元に集めて自分の引くところに積み込むという技である。

 

まだ自動卓ができていない時はこのような玄人技を駆使して生き残っていた人も多いようだ。

 

逆にイカサマが見つかって消されてしまう人もいたようだ。

 

しかしマンガやアニメでこれらの玄人技を見て練習してみたという麻雀好きも多いだろう。

 

・しかしどうやってやっているのか?

 

細かいところは実際の動作をみないとわからない人も多いのではないだろうか?

 

そんなあなたにこの動画を紹介します。

 

 

☞実録 これが玄人技だ1

実録 これが玄人技だ1 kemo0suzu

 

 

あなたにオススメの記事

☞哲也玄人技・ギリ技・ツバメ返し解説動画

☞美人タレント岡田紗佳の神がかってるとしか言いようがない九蓮宝燈動画

☞番組中に天和(テンホー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*