CB750RC42メインヒューズの位置と交換方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたもCB750RC42のナナハンライダーですか?

私はCB750RC42の流れるようなフォルムに一目惚れして10年ほど乗っています。

 

マフラーはバンス&はインズのメガホンにしているのでパワーが少し落ちますが、そのくらいがスピードも制御できて安全でちょうどいいです。

 

さて今回はRC42のメインヒューズの位置と交換方法について紹介していこうと思います。

 

☞前回バッテリーを交換する時にやってしまいました!

 

間違えてCB750F用のプラマイ逆のバッテリーを購入して何も考えずバッテリーの線をつなごうとしたら。。。

 

バチっと火花が!

 

 

『やっちまった…!』

 

 

悲壮感漂うあの感じは忘れません。

バイクに乗りたい日に乗れなくなってしまうとホントに凹みます。

 

 

その後ちゃんとプラスとマイナスをつないで電気が通るか確かめましたが、やはり通らない。。。

 

 

『ヒューズ逝ったか。。。』

 

慌ててメインヒューズを探しました。

 

まずはシートを取った時に出てくる『FUSE BOX』の周りにあるヒューズたちを片っ端から調べました。

 

しかしこれらの全てヒューズは正常でした。

 

『あれ?じゃあメインヒューズってどこにあるの?』

 

『もしかしてヒューズは逝ってないのかな?』

 

あまり整備は得意ではないので色々考えました。

 

しかし考えても答えが見つからないし、ネットにもRC42のメインヒューズの位置が載ってるサイトが出てこない

 

なので考えるのやめて『車』でバイク屋に直行しました。

 

しかしバイク屋も『バイクによって位置が違うから正確なことは言えない』ということでしたが、大体の位置は教えてくれました。

 

そして数十円でメインヒューズの新品を手に入れ帰宅。

 

再び愛車に向かいます!

 


RC42メインヒューズの位置発見&交換方法

バイク屋に聞いた位置を確認したら見つけましたメインヒューズ!

その位置と交換方法を紹介します。

1.メインヒューズのケースを開ける

ちょっと見にくいですが、バッテリーボックスのちょっと上に配線に繋がったケース(キャップ)のようなものがあります。
それを開けてください。

 

2.30と書いてあるヒューズを外す

 

30と書いてある緑色のヒューズを外します

 

私のヒューズは見事に飛んでいました!

しかしこのヒューズにバイクが守られたんですから感謝です!

 

 

3.新しいヒューズをセッティングしてケースを閉めて完成

 

 


 

こんな簡単な事なのに位置がわからないだけで奮闘してしまうんですから恥ずかしいです。

 

いざという時のために少しくらいは整備の知識をつけておきたいものですね。。。

 

この記事で同じようにCB750RC42のメインヒューズの位置がわからなかった人の役に立っていれば、飛んで行ったヒューズも大活躍だったと思います。

 

ちゃんと整備をして、素敵なバイクライフを送ってください!

気軽にコメントなど頂ければ幸いです(^^)/

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*