地震保険加入は必要か?持ち家マンション賃貸で得する裏ワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは地震保険に入っていますか?
今回は地震保険でかなり得をした人の話を紹介します。

先日貿易の保険の件で外資系の有名な保険屋さんと
お話しする機会がありました。

結構なエリートの方なので他の保険屋さんとちがい
立ち振る舞いにも余裕があって、
しかも色んな情報を教えてくれました。

その時に地震保険に関するお得な情報も教えてくれました。

 

そんな簡単にお金もらえるんだ!?
と驚くくらいの情報でしたのでシェアしたいと思います。

 


 

最近は各地で大きな地震が起きていますね。

 

そのせいもあってか近年地震保険に入る人が増えてきているようです。

 

現在では企業3割・一般7割の割合で加入されているようですが、
企業の加入率が急増しているとの話です。

 

地震保険は地震が起きた時に
保険をかけている建物に損害が起きた時に
保険料がおりるという仕組みです。

 

1.保険をかけている建物のその時の時価によって保険料がおりるパターンと
2.最初に建てた時の値段で保険がおりるパターンがあるようです

 

1の場合は建材の価値が上がれば建物そのものの価値も上がるので
いざという時の保険金も増えますが、
大抵の場合は築年数を重ねるとどんどん時価は落ちてきます。

 

なので入る場合は『2』の方がお勧めです。(時と場合によりますが)

 

さて本題に入りたいと思います。

 

どうやると地震保険で得をするか?

 

まず大きな地震が起きて建築物の外壁などに亀裂(クラック)が入ったとします。

そうなるともちろん保険金がおりることになります。

 

しかしここで落とし穴があります。

 

外壁の傷だけで保険金を請求したら
『工事費の方が高くついた!』

 

ということが起こり得ます。

 

例えば外壁の傷に対して降りた保険金が20万円で
修繕費用に50万円支払うことになってしまった!

 

これって赤字じゃね?

 

これなら地震保険なんて入らなかった方がよかった。

 

という事になりますね?

 

しかしここからがエリート保険屋さんのチカラの見せ所です!

 

☑実は地震保険は他の傷ついていないところにも使えます

 

今回保険屋さんが教えてくれた裏技本当に驚くほど得をするので
絶対に覚えておいてください!

 

外壁が割れるくらいの地震になると
家の中の家具や電化製品が倒れていることがあります。

 

実はそれらすべてが地震保険の損害の対象になります。

 

◆例えば5万円のテレビが倒れていた!
→5万円請求可能

 

◆10万円のタンスが倒れていた!
→10万円請求可能


(震度6強でこのありさまです)

このように地震勃発以前の状態から少しでも
変わっているものがあればそこに保険が適用されます。

しかも保険が適用されたものに対してどんどん
貰える保険金が加算されていきます。

しかも驚くのはこれからです!

☑倒れていた家具や電化製品が全く壊れていなくてもOK

これ驚きませんかWWW?

倒れていたタンスやテレビが壊れていなくても
その金額が保証されるという事は、
以前と同じように使用できるのに保険金だけはおりる。

という事です。

この方法で修繕費を払っても
大きく得をすることがあると
保険屋さんが教えてくれました。

※ここで注意しなければいけないことがあります

地震が起きた直後の状態が非常に重要になってくるので、
被害が少なかったからと言って倒れているモノを気安く
元の場所に戻したりしてはいけません!

しっかり写真を撮って、
保険屋さんがチェックしに来るまで
そのままの状態にしておいてください!

家具や電化製品程度ならそこまで大きな金額ではないですが、
もし企業で使っている重機とかツールとかだったら
かなりの金額になるはずです。

あと一般住宅であれば高価な置物などもありますよね?
そういうのも全額負担してくれます。

その辺をしっかり考慮したうえで地震保険の加入も
考えていくといいと思います。

あと保険屋さんが一番重要だと言っていたことがあります。

それは

『保険の代理店がどういう言い回しで上に請求をするか?』

という事でした。

確かにこれは余裕のある保険屋さんと普通の保険屋さんの
大きな差だと思いました。

ちょっとした損害を損害として申告してくれる脳があるか?

ちゃんと損害を見つけてくれる視野の広さがあるか?

この辺を考慮して保険屋さんを選ぶといいと思います。

私の知っている保険屋さんは支払いが素晴らしく
踏み倒すことはほぼありません。

トラブルになって損害を喰らうくらいなら払ってしまおうという
体制の大手損害保険屋さんです。

今回は小さな損害に対する裏ワザでしたが
もちろんもっと大きな損害になったら
さらに大きな請求をすることができます。

もしこれを読んでいて一流の保険屋さんを紹介してほしいという
企業様がいればコメントしていただければ個人的に
優秀な保険屋さんを紹介することができますので
コメント欄からお気軽にご連絡ください。

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*