日本語URL文字化けを直す無料変換ツール URL変換&短縮化も可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さてはURL変換に困っていますね?

日本語URLってどこかに張り付けるとすぐ文字化けして
『https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%…』

 

こんなになっちゃうんですよね~!

 

いちおう文字化けしてもURLとしては成り立つんですが、
どうしても見栄えが気になるし、
他の人に見せる場合は少し恥ずかしいですよね。

それもあって自分のブログなどのドメインに
日本語URLを使わない人も多いと思います。

 

まぁ日本語URLって検索キーワードとかに直撃でヒットすると
スゴイ威力を発揮するから日本国内だけで使う分には
良かったりもするんですが。

 

まぁ諸刃の剣って感じですよね。

 

そんな日本語が入ったURLをなるべくアルファベットに変換して
キレイに見せたいなぁ。

 

という時に便利なツールを紹介します

 


 

日本語URL変換ツールPunycode

 

自分の日本語ドメインなどを変換するときに便利です。

 


 

Google URL Shortener

 

文字化けしてめちゃくちゃ長くなってしまうURLを短くするツール

 

さっき上で紹介した文字化け済みのURLだったら
こっちのGoogle先生のほうで短くしちゃうのが良いと思います。

 

ちょっとやってみましょう。

 

まずgoogle URL shrtenerのツールページに行って
上の空欄にURLを貼り付けます。

 

 

そしてShoten URLをクリックすると

 

 

赤枠の中に短縮化されたURLがでてきましたので
それをお好きなところに張り付けて使えます。

 


ちなみに文字化けしているところには『スポーツ選手長者番付』という
日本語が入っています。

私が前の記事で使ったURLです。

詳細はこちら↓↓
海外のスポーツ選手と日本人選手の年俸の差の裏話


 

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*