一攫千金 これから伸びるドル箱ビジネス 業界裏話その3 長距離トラック運転手が不足している!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在伸びているビジネスを紹介しています。

☑日本の中古自転車が世界で熱い!

☑これからの労働者は外国人?

今回はある時期に長距離のトラック運転手が不足していて、
そこを埋めることができればかなりのドル箱になる
という裏話を紹介しようと思います。


一昔前は長距離運転手というと
かなり稼いでいるイメージがありました。

しかし最近では県内を周って配送する中型や普通トラックも
給料はたいして変わらないと言います。

むしろ遠くに出るとなんだかんだお金を使ったり、
寝泊りも車の中だったりするので疲れるだけという話も耳にします。

それもあってか最近はトラックの運転手になる人が減少しています。

・運転は疲れるし
・眠くなったら危ないし
・積み込みとかも大変だし

最近の新卒の人たちでは選ぶことはなさそうですよね。

しかし歳を重ねていくと、
自分の仕事が不安になったりして今後の生活の保険として
大型自動車の免許を取りに行く人もいるようです。

そうすればいつでも長距離ドライバーになれますからね。

それでも結局長距離ドライバーの職を選ぶ人は増えないという現状です。

そんな長距離トラックの業界ですが、
実はかなりのドル箱市場であることが判明!

ある時期に全国的に長距離の大型トラックのドライバーが不足するらしいです。

そこを埋めることができれば相当な一攫千金のドル箱市場だという事です。

 

☑トラック業界一攫千金は年末が狙い目

 

色んな条件が重なって年末というのは長距離トラックが不足します。

中でも海外から港に届いたコンテナを運ぶトラックが
大量にチャーターできれば爆発的に稼ぐことが可能です。

コンテナにも色々あって、
コンテナのまま目的地に運ぶものや
港の近くの貸倉庫まで移動させてから中身だけを
目的地ごとに違うトラックに分けて運ぶ方法などがあります。

しかし年末が繁忙期なのは国内産業も一緒なので
ほとんどの大型トラックは全国へ飛んでしましまっています。

 

そこで

 

・トラックの手配
・ドライバーの手配

 

この二つができる人がいれば
その人は年末だけで数千万。。。

 

全国どこの地域でも手配が可能であれば
数億稼ぐことも夢ではありません。

 

全国ネットで個人でやっている運送屋を
集めたり元々大型を運転していた人などを
繁忙期だけ集めることができれば凄いことになること間違いないです!

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*