今すぐ個人情報漏洩をチェック!!国家省庁が公式サイトで情報公開!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は個人情報漏洩のニュース多いです( ˘•ω•˘ )

自分の情報が洩れてないか怖いですよね!?大手企業からの漏洩も少なくありません。

住所や電話番号くらいならそこまで気にしませんがクレジットカード情報などが抜かれてしまうと恐ろしいどころの話じゃないですよね!

企業の場合だとリストが抜かれてしまうとかなり大変なことになります。

なので最近では個人情報漏洩用の保険もあります。

現在のインターネット社会ではどのように個人情報が流れてしまうのか?

個人情報漏洩をしないために幾つか心得ておきたいポイントを紹介します。


個人情報がの保護が謳われている現在。
他人のプライバシーにかかわる情報を入手することは
結構難しい事です。

しかしインターネット上には個人情報流出の事件を
共有したり公開したりする馬鹿者がいます。

しかもそれなりに大勢いますw

サイトに飛んで個人のリストをクリックすると
メールアドレスやパスワードの類がズラーっと
表示されてしまうものまであります。

そういう裏サイトじゃなくても国の各省庁などの
公式サイトで国家公務員や国家資格者の情報を公開したりもします。

今回はそれらの個人情報を掲載しているサイトをいくつか紹介します。

 


Cyber War News

海外企業の情報流出事件を共有&公開するサイト

 


Dump Monitor(Twitter)

Pastebinというテキスト保存・公開するWebアプリに入力された
個人情報を自動検索してリツイートする。

 


厚生労働省-薬剤師資格確認システム

薬剤師の名前から資格登録年まで調べられる厚生労働省のサービス

薬剤師の名前を入力すれば資格の有無と取得年号が見ることができる

 


官報

選挙当選者の使命と住所が丸わかり
政治マニアたちが注目するサイト


 

このように国の機関までもが個人情報を公開しちゃっています。

世の中には個人情報をビジネスにしている人達までいます。

メールアドレスのリストなどは高値で売れるので
数千~数万件のリストを抱えている人はかなりの値段で
リストを売ることができます。

ネットで無料レポート的なモノ欲しさに普段使用しているメアドを
登録してしてしまってからいろんな迷惑メールが届くようになった。

という経験をした人は少なくないと思います。

それらはリスト共有をしているか、
もしくはリストを売っているかのどちらかだと思います。

なのでネットでメアドを登録しなければならない時は
gmailなどで捨てアドを作って登録することをおすすめします。

他にも個人情報の漏洩に関する話題はあるので
そのうち紹介しようと思います。

それでは個人情報漏洩にはくれぐれも気を付けてください。

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*