失業中に国から貰える給付金手当まとめ【失業保険だけじゃない】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失業中の人でこれを知らないで損をしている人多いんですよ!

失業中に国からもらえるお金と言えば失業保険が有名ですが実はもっといろいろあるんですよ。

 

仕事を辞めてしまったりリストラになったりして急に仕事がなくなると生きていくのが大変です。

新しい仕事を探すにしても面接へ行くための交通費や、その期間生活するための資金は馬鹿になりません。

 

しかも若い人なら就職先はいっぱいあるかもしれませんが年配の方になると再就職のお先真っ暗だと思っている人も少なくない時代です。

実は失業中にもらえる手当は失業保険だけじゃないんです。

 

日本には他にも就職を支援する制度はたくさんあります。

今回は失業中にもらえる給付金を紹介しようと思います。

☑基本手当

これがいわゆる失業保険です。

働いていた日数によってもらえる金額は変わります。

金額:失業前6ヶ月間の給与の合計÷180の金額の5割~8割

貰うためにはハローワークなどに通う必要があります。

詳しくはこちら→失業保険基本手当

 

☑求職者支援制度

月額10万円+交通費

条件:雇用保険をもらうことができない人に対して交付される給付金です。

就職をサポートする職業訓練受講手当などを支給してくれます。

詳しくはこちら→求職者支援制度

 

☑技能習得手当

日額500円支給

条件:公共職業訓練を受講することを条件に給付されます。

勉強をしながらもらうことができます。

詳しくはこちら→技能習得手当

 

☑寄宿手当

月額1万700円支給

条件:公共職業訓練などを受けるために実家を離れて宿泊施設やアパートなどに居住するためにもらえる手当。

詳しくはこちら→寄宿手当

 

☑高年齢求職者給付金

失業前の6か月間の給与から1日分の賃金を計算し、そこに50~80%をかけた算出したものが1日分の手当になる。

条件:高年齢被保険者に対し、保険加入期間に応じて支給される手当です。

雇用保険の加入期間が1年以上の人→50日間支給

雇用保険の加入期間が1年未満の人→30日間支給

詳しくはこちら→高年齢求職者給付金

 

☑再就職手当

所得給付日数の支給残日数×60~70%×基本手当日額

再就職が決まった時のご褒美的な手当て。

条件:基本手当(失業保険)をもらっている間に再就職が決まった人に支給される。

詳しくはこちら→再就職手当

 

☑就業促進定着手当

失業前の日当―6か月分の賃金の1日分×働いた日数

条件:再就職先の賃金が前職よりも大幅に低い場合に支給されるサポート手当。

詳しくはこちら→就業促進定着手当

 

☑常用就職支度手当

90×40%×基本手当日額

条件:基本手当を受給している障害者で再就職した場合に支給される。

詳しくはこちら→常用就職支度手当

 

☑就業手当

就業日×30%×基本手当日額

条件:基本手当をもらっていているがアルバイトもしているという人が貰える手当。

詳しくはこちら→就業手当

 

☑広域求職活動費

交通費・宿泊費が必要に応じて支給される

条件:ハローワークの紹介で遠方へ求職活動に行った場合に支給される。

詳しくはこちら→広域求職活動費

 

☑移転費

旧居住地域から新居住地までの区間の順路によって計算される

条件:ハローワークに紹介された就職先に努めるために引っ越するための支援金。

詳しくはこちら→移転費

あなたもこれらの給付金を上手くもらって失業中の少しでも生活を楽にできるよう応援しています(^^)

SNSでもご購読できます。

〈PR〉Youtube稼げなくなってきたと勘違いしてませんか?

今おすすめ



コメントを残す

*